© 2019 BY マルハチITサービス PROUDLY CREATED WITH Wix.com​

  • Kawahara

C#でのクラスライブラリの設計

C#でクラスライブラリを使用すると複数のプロジェクトで使用できて便利。しかし、どんな単位でクラスライブラリを分割するか悩みながらも下記のように考えていました。

  1. 外部コンポーネントの有無

  2. DBの接続先

  3. ODBCの設定要否

  4. .NetframeWorkのバージョン

しかしこの方法だと

  1. ライブラリ数が増えてしまい、管理が大変

  2. 他のライブラリとの依存関係が複雑になる

そこで.NetframeWorkのバージョンを3.5以上と決めて、細切れに分割していたライブラリをできるだけ統合した。

またNamespaceの設計は深く考えずに、ライブラリの一部だけ使用したい場合はライブラリ内のソースを参照追加するようにした。これによってコンポーネントの使用範囲についてはほとんど考慮しなくてよくなった。

もっといい方法があるはずですが…

#クラスライブラリ

1回の閲覧