• Kawahara

C#でのクラスライブラリの設計

C#でクラスライブラリを使用すると複数のプロジェクトで使用できて便利。しかし、どんな単位でクラスライブラリを分割するか悩みながらも下記のように考えていました。

  1. 外部コンポーネントの有無

  2. DBの接続先

  3. ODBCの設定要否

  4. .NetframeWorkのバージョン

しかしこの方法だと

  1. ライブラリ数が増えてしまい、管理が大変

  2. 他のライブラリとの依存関係が複雑になる

そこで.NetframeWorkのバージョンを3.5以上と決めて、細切れに分割していたライブラリをできるだけ統合した。

またNamespaceの設計は深く考えずに、ライブラリの一部だけ使用したい場合はライブラリ内のソースを参照追加するようにした。これによってコンポーネントの使用範囲についてはほとんど考慮しなくてよくなった。

もっといい方法があるはずですが…

#クラスライブラリ

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

Visual WebGui販売終了

GrapeCityが販売していたVisual WebGuiが2014年10月22日で販売終了との事。価格は高いが、便利なんだろうなと気になっていた製品だった。 2013年の6月から1年半弱で販売終了となったのに気付いた時は、「買わなくてよかった」と「こんなことあるの?」という感想。 http://www.grapecity.com/tools/support/salesend.htm#end201

AS400とのiDB2Connectionで接続時にSQL0666エラー(タイムアウト)

よく対処方法を忘れているのでメモ。「iDB2Connection SQL0666」で検索して辿りつくのはいつもここ。ありがとうございます。 接続文字列にタイムアウトを0(無制限)としても自動で30に変更されていまうから、コードで再設定する事で解決します。 ちなみにODBCの場合はAS400のデフォルトの設定値によって同様のエラーが発生する時パターンあり。 public void TestFunct

© 2019 BY マルハチITサービス PROUDLY CREATED WITH Wix.com​