• Kawahara

WindowsServer2008R2でのWSUSインストール

現在使用しているWSUSサーバーの反応が異常に重たいので、WindowsServer2008R2で新規構築した際のメモ。役割から追加するとは思わなかった。

1.Windows Server 2008R2について


image

2. 役割を追加


image

3. Windows Server Update Serviceのチェックをクリック


image

4. 「必要な役割サービスを追加」をクリックし、「次へ」をクリック


image

5. 「次へ」をクリック


image

6. 「次へ」をクリック


image

7. 「次へ」をクリック


image

8. 「インストール」をクリック


image

9. インストール完了まで待ちます


image

10. セットアップウィザードが表示されますので、「次へ」をクリック


image

11. 「使用許諾契約書に同意する」を選択し、「次へ」をクリック


image

12. 「次へ」をクリック


image

13. 「更新プログラムをローカルに保存する」にチェックが入っている事を確認。


image

14. 「このコンピュータにWindowsInternalDatabeseをインストールする」を選択する。(各自の環境による)


image

15. 「Windows Server Update Service 3.0 SP2のWebサイトを作成する」を選択し、「次へ」をクリック


image

16. 「次へ」をクリック


image

17. インストールが終わるまで待ちます1


image

18. インストールが終わるまで待ちます2


image

19. 「完了」をクリック


image

20. WSUSの設定ウィザードが開始するので、「次へ」をクリック


image

21. 「次へ」をクリック


image

22. 「Microsoft Updateから同期する」のまま「次へ」をクリック


image

23. プロキシについて設定がなけれな、「次へ」をクリック


image

24. 「接続の開始」をクリック。15分程度かかった気がします。


image

25. 「次へ」をクリック


image

26. 「次の言語版の更新のみをダウンロードする」を選択し、「日本語」にチェックが入っている事を確認して「次へ」をクリック。


image

27. 更新する製品を選択します。


image

28. 「更新のクラス」を選択します。


image

29. 「同期スケジュールの設定」をします。


image

30. 「次へ」をクリック


image

31. 「完了」をクリック


image

32. 以降はサーバーマネージャーで管理


image

#WindowsServer2008 #WSUS

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

FMV UH90/MへのWindows7導入

富士通の3200×1800という解像度のウルトラブックへWindows7を導入する方法のメモ。BIOSのところ以外は普通のノートと同じで比較的あっさり可能。法人用Win7モデルは30万超えのようなので、Win8モデルからの載せ替えを検討の方に。 事前準備 USB接続のDVD-Rドライブ リカバリディスクの作成と、インストール用に付ける。インストールメディアはUSBメモリで代替可能。 リカバリディス

Windows8でCisco VPN Clientが動かない

Windows8 Pro VPNセキュア接続がクライアントによってローカルで終了されました。 Reason 440: Driver Failure. というエラーが表示されて接続できない。環境は下記のとおり。 Dell Latitude10 Windows8 Pro(32bit) Cisco VPN Client(x86) 5.0.07.0290 解決方法が見つかったら追記する予定。 新しいOSと