© 2019 BY マルハチITサービス PROUDLY CREATED WITH Wix.com​

  • Kawahara

WindowsServer2008R2でのWSUSインストール

現在使用しているWSUSサーバーの反応が異常に重たいので、WindowsServer2008R2で新規構築した際のメモ。役割から追加するとは思わなかった。

1.Windows Server 2008R2について


2. 役割を追加


3. Windows Server Update Serviceのチェックをクリック


4. 「必要な役割サービスを追加」をクリックし、「次へ」をクリック


5. 「次へ」をクリック


6. 「次へ」をクリック


7. 「次へ」をクリック


8. 「インストール」をクリック


9. インストール完了まで待ちます


10. セットアップウィザードが表示されますので、「次へ」をクリック


11. 「使用許諾契約書に同意する」を選択し、「次へ」をクリック


12. 「次へ」をクリック


13. 「更新プログラムをローカルに保存する」にチェックが入っている事を確認。


14. 「このコンピュータにWindowsInternalDatabeseをインストールする」を選択する。(各自の環境による)


15. 「Windows Server Update Service 3.0 SP2のWebサイトを作成する」を選択し、「次へ」をクリック


16. 「次へ」をクリック


17. インストールが終わるまで待ちます1


18. インストールが終わるまで待ちます2


19. 「完了」をクリック


20. WSUSの設定ウィザードが開始するので、「次へ」をクリック


21. 「次へ」をクリック


22. 「Microsoft Updateから同期する」のまま「次へ」をクリック


23. プロキシについて設定がなけれな、「次へ」をクリック


24. 「接続の開始」をクリック。15分程度かかった気がします。


25. 「次へ」をクリック


26. 「次の言語版の更新のみをダウンロードする」を選択し、「日本語」にチェックが入っている事を確認して「次へ」をクリック。


27. 更新する製品を選択します。


28. 「更新のクラス」を選択します。


29. 「同期スケジュールの設定」をします。


30. 「次へ」をクリック


31. 「完了」をクリック


32. 以降はサーバーマネージャーで管理


#WindowsServer2008 #WSUS

1回の閲覧