top of page
  • 執筆者の写真Kawahara

Windows7でXP Mode

Windows7導入してみた。マザーボードもVT対応していたので、XP Modeを試してみた。

***注意***

2009/09/02時点のRC版についての情報です。


image

上記画面より、

Windows Virtual PC RC

Windows XP Mode RC

をダウンロード。し、Windows Virtual PC RC→再起動→Windows XP Mode RCという順でインストール。

Windows XP Mode RCのインストール途中に左の画面が出てきて若干驚く。 どうもファイルをやり取りする際にこのユーザーアカウントに権限を与える必要がありそうなので、ユーザー名と同じにしておいた。

こんなのも必要なの?と驚きつつ、後で設定するにする。

WS000013

起動直後の画面。 (USBがはじめてサポートされたVirtualPCという意味で)USBという文字がまぶしい。

どうもインストーラが無いと親OSから直接起動できないようなので、EZINSTというフローウェアを使ってインストーラを作成。 使いたいソフトはCSE。

インストーラによってインストールが成功すると、親OS上にショートカットが作成される。

ショートカットを使って起動するとWindows7上で動作しているかのように見える。

Windows XP Modeで仮想PCを起動すると、今までのVirtualPCと同じ。

仮想PC上の警告が親OS上で表示されてしまったりもする。

親OSとの通信は仮想LANアダプタ経由か?DHCPになってる。 IPは192.168.131.65が割り当てられてる。

親OSのドライブ表示される。リモートデスクトップのドライブ割り当て機能っぽい。 おもしろいのは、子OSの画面サイズをリサイズするとタスクバーやほかのウィンドウがそのサイズに収まるように追従してきた事。 説明し辛いな・・・

左のようにVirtualPCのウィンドウサイズを小さくすると、内部のアプリケーションのウィンドウサイズも自動でリサイズされるという事です。

相当便利です。ただ、XP ModeのHDDイメージを復帰させて親OSがインストール済みアプリを検出できるかどうかが問題です。

ちなみに親OS上のショートカットファイルは%SystemRoot%system32rundll32.exe %SystemRoot%system32VMCPropertyHandler.dll,LaunchVMSal “Windows XP Mode” “||678f888c” “CSE”

となってます。なんか、「Windows XP Mode」というのが仮想PCの名前のようなので複数の仮想PCを同時に起動できるのであれば、xxx専用仮想PCとして起動できそうな気がします。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Disk2Vhd使用時の注意点

Microsoftより無償で提供されているDisk2Vhdを使って物理から仮想へサーバー移行する際の注意点。 イメージ作成時に「Prepare for use in virtual pc」にチェックを入れる事。 Disk2VHDにて作られたイメージは起動時にDisk2Vhdが付与されたプロファイルがboot.iniに追加されている。これで起動するとHyper-Vの「統合サービス」が導入できないので

Comments


bottom of page