© 2019 BY マルハチITサービス PROUDLY CREATED WITH Wix.com​

  • Kawahara

Windows2003のGPOでネットワークドライブの割り当て

\Test001Work という共有フォルダをXドライブとして割り当てると、エクスプローラ上ではTest001のWork(X:)となってしまい非常に気に入らない。

このTest001のWorkという名称はnet useコマンドでは設定できない為、やむなくVBScriptを使う方針に。あとは、GPOで配布したら完了。

しかし問題が。Windows7では正しく機能しない。ActiveDirectoryのサーバーが2008ならこんなことしなくとも、GUIですぐ終わるのに

もしWindows2003ServerのGPOにて下記のようなスクリプトをWindows7で利用できている方が居たら情報下さい。判りにくかったので下記へ変更しました。 (2009/12/11追記)Windows7上で上記のスクリプトは動作しますが、WindowsServer2003のActiveDirectory環境からログオンスクリプトとして配布しても、Windows7上では動作しません。もしこの条件でWindow7のログインスクリプトとして動作が確認できた方が見えたら、情報下さい。


Set objNet = CreateObject("WScript.Network")

'特定のユーザーだけにマウント
If (objNet.UserName = "hogehoge") Then
    Call CreateNetworkDrive("X:", "\test01hoge", "Hoge用")
End If

'ドライブマウント処理
Call CreateNetworkDrive("Y:", "\test01Work", "Work用")

Sub CreateNetworkDrive(strDrive, strPath, strExplain)

    'ドライブアンマウント処理
On Error Resume Next
    objNet.RemoveNetworkDrive strDrive, true, true
On Error Goto 0

    objNet.MapNetworkDrive strDrive , strpath

    'ドライブ名称設定
    CreateObject("Shell.Application").NameSpace(strDrive & "").Items().Item().Name = strExplain

End Sub

#GPO #Windows7 #WindowsServer2003

0回の閲覧