• Kawahara

vCard形式に泣く

まさか、携帯のアドレス移行にここまで手間が掛かるとは。 今までSH901iSを使用していたが、W-ZERO3[es]にデータを移したい。

[SH901iS]連絡先をすべてminiSDにエクスポートする ↓ [PC]SHARPのデータリンクソフトからCSVファイルでエクスポートを試みる。 ⇒エクスポート不可 ↓ [PC]vCardデータをEXCELに取り込もうと試みる。 ⇒アドレス1件が1ファイルになっている ↓ [SH901iS]miniSD管理からバックアップ⇒連絡先とする ⇒アドレス全件が1つのファイルに! ↓ [PC]再度vCardデータをEXCELに取り込もうと試みる。 ⇒データが正常に取り込まれない。 理由:一つのレコードに”TEL;VOICE:”という項目が複数出力されていた。

頭にきて、自分で作りました。同名の要素名があったときは、出現回数を末尾につけます。 例)”TEL;VOICE:” が BEGIN~END間に2つある。⇒ 2回目のデータを”TEL;VOICE2:” として取り込む。

コレでようやく正常にデータが取り込めた。 しかし、vCardってめっちゃ面倒。レコードあたりの項目数が判らないから、 ——————————— 1. 最初に最終レコードまで要素数をチェック。 2. 1レコード中に複数回発生した要素は別物として扱う 3. 全レコードのすべての要素名を抽出 4. 再度、頭から読み込み。要素名が同じ列へ値を登録 5. メモリのデータをテキストへ ——————————— 結構時間かかった・・・疲れた。

一応、アドレス帳移せたからバグも直さない可能性すらあるけど置いときます。 もし役に立ったらなんかコメントでも。

#vCard2txt

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

Visual WebGui販売終了

GrapeCityが販売していたVisual WebGuiが2014年10月22日で販売終了との事。価格は高いが、便利なんだろうなと気になっていた製品だった。 2013年の6月から1年半弱で販売終了となったのに気付いた時は、「買わなくてよかった」と「こんなことあるの?」という感想。 http://www.grapecity.com/tools/support/salesend.htm#end201

C#でのクラスライブラリの設計

C#でクラスライブラリを使用すると複数のプロジェクトで使用できて便利。しかし、どんな単位でクラスライブラリを分割するか悩みながらも下記のように考えていました。 外部コンポーネントの有無 DBの接続先 ODBCの設定要否 .NetframeWorkのバージョン しかしこの方法だと ライブラリ数が増えてしまい、管理が大変 他のライブラリとの依存関係が複雑になる そこで.NetframeWorkのバージ

© 2019 BY マルハチITサービス PROUDLY CREATED WITH Wix.com​