• Kawahara

SqlClientPermissionエラー回避方法?

型 ‘System.Data.SqlClient.SqlClientPermission, System.Data, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken= b77a5c561934e089′ のアクセス許可の要求に失敗しました。

というエラーがDataGridViewを貼りつけただけのフォームで発生した。しかも、特定の開発用PCのみ。


        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
#if DEBUG
            string connStr = "Server=xxx.xxx.xxx.xxx;database=master;User ID=sa;Password=xxxxx;";
#else
            string connStr = "Data Source=XXXX;Initial Catalog=master;Integrated Security=SSPI";
#endif

            string sql = "SELECT * FROM XXTBL";
            SqlConnection conn = new SqlConnection(connStr);

            SqlCommand comm = new SqlCommand(sql, conn);
            SqlDataAdapter dataadapter = new SqlDataAdapter(comm);

            DataSet ds = new DataSet();

            conn.Open();

            dataadapter.Fill(ds, "Test");

            conn.Close();
            dataGridView1.DataSource = ds;

            dataGridView1.DataMember = "Test";
        }

    }

まさかと思いながらもWindows Updateを実施すると何事も無かったように接続できるようになった。

特定のPCというのが、半年ほど休眠していたPCだったので、内部コンポーネントの組み合わせによって発生したという事で無理やり納得したつもりになる。

#C #SqlClientPermission

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

Visual WebGui販売終了

GrapeCityが販売していたVisual WebGuiが2014年10月22日で販売終了との事。価格は高いが、便利なんだろうなと気になっていた製品だった。 2013年の6月から1年半弱で販売終了となったのに気付いた時は、「買わなくてよかった」と「こんなことあるの?」という感想。 http://www.grapecity.com/tools/support/salesend.htm#end201

C#でのクラスライブラリの設計

C#でクラスライブラリを使用すると複数のプロジェクトで使用できて便利。しかし、どんな単位でクラスライブラリを分割するか悩みながらも下記のように考えていました。 外部コンポーネントの有無 DBの接続先 ODBCの設定要否 .NetframeWorkのバージョン しかしこの方法だと ライブラリ数が増えてしまい、管理が大変 他のライブラリとの依存関係が複雑になる そこで.NetframeWorkのバージ

© 2019 BY マルハチITサービス PROUDLY CREATED WITH Wix.com​