top of page
  • 執筆者の写真Kawahara

Intel PRO/1000 MTのチーミング

ここからドライバをダウンロード

Intel ProsetもしくはAdvanced Networking Services (ANS)というツールを使っているらしいが、ドライバに統合されているので不明。 ダウンロードする際も分かりにくい。

デバイスマネージャーを開く

IntelのNICのプロパティを表示し、チーム化のタブをクリック。

作成する仮想NICの名称を入力。

チーミングするNICを選択

チーミングタイプを選択。アダプティブロードバランシングを選びました。 チーミングタイプについてはこちら

これで終了。あとは作成した仮想NICにIPを設定すればOK。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ファーストサーバのデータ消失について

ガルーンの運用はデータ量の増加が多く、システム担当の負荷が高い。そのため、クラウドサービスやホスティングを利用するべきだという考えを私も持っていましたが・・・ファーストサーバによって、根底から覆されました。詳細は省略。 そもそも冷静に考えれば運営しているサイトが月間何億の利益を上げようが、ホスティング会社には数千円の月額使用料しか収入が無い。今回のようなトラブル発生時に保険金が下りるような対応をし

Disk2VhdでP2V

Disk2Vhdを使用して、物理サーバーを仮想化しようと試してみた。が、「A disk read error occured」との事で起動できず。HDDのイメージバックアップツールのCDから仮想化したサーバーから起動してみるとディスクが正しく認識されていない。 どうも、Disk2Vhdは物理HDD毎にイメージファイルを生成するもよう。物理HDD内に複数のパーティションが割り当てられている場合は同時

Comments


bottom of page