• Kawahara

installutil.exeによるトラップ

cwbx(IBM AS/400 iSeries Access for Windows ActiveX Objeect Library)というActiveXを利用してAS400上のプログラムを呼び出したりできる。

このcomを利用したWindowsサービスを作成し、installutill.exeにてインストールとアンインストールをしていると突然プロジェクトがコンパイルできなくなる。その時のエラーは

型または名前空間名 ‘cwbx’ が見つかりませんでした。using ディレクティブまたはアセンブリ参照が不足しています。

というものだった。意味が判らなかったが、仕方がないのでiSeriesナビゲータの再インストールなどを実施してなんとか復帰した。再度、コンパイルしてから再びサービスのインストールとアンインストールをすると同じ現象が・・・

どうもinstallutil.exe /u sampleservice.exe

を実施するとcomの登録まで消えてしまうらしい。


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

Visual WebGui販売終了

GrapeCityが販売していたVisual WebGuiが2014年10月22日で販売終了との事。価格は高いが、便利なんだろうなと気になっていた製品だった。 2013年の6月から1年半弱で販売終了となったのに気付いた時は、「買わなくてよかった」と「こんなことあるの?」という感想。 http://www.grapecity.com/tools/support/salesend.htm#end201

C#でのクラスライブラリの設計

C#でクラスライブラリを使用すると複数のプロジェクトで使用できて便利。しかし、どんな単位でクラスライブラリを分割するか悩みながらも下記のように考えていました。 外部コンポーネントの有無 DBの接続先 ODBCの設定要否 .NetframeWorkのバージョン しかしこの方法だと ライブラリ数が増えてしまい、管理が大変 他のライブラリとの依存関係が複雑になる そこで.NetframeWorkのバージ

© 2019 BY マルハチITサービス PROUDLY CREATED WITH Wix.com​