• Kawahara

DotNetNuke4.8.4のモジュール開発環境構築(1)

DotNetNukeはイントラ用としては使いやすいと思い、

◆モジュール開発によるカスタマイズができるか?

◆バックアップが取りにくい(物理ファイルとDBの整合性)という点がSQL Server 2005 Expressで運用したら解決できるか?

の2点をクリアできるか検証中。まだまだ検証中なので最終的にゴミになるかもしれない・・・

早速、開発環境の構築について検証してみた。

DNNのSourceはbulkyだからInstall Versionを使え

展開したDNNをVisualStudio2005にてWebサイトを開くとすればよい

としか記載がないので、言われるがままにやってみるとこうなる。一見、起動しているが画像が表示されておらずこのまま継続するとDB作成スクリプトなども正常に走らない。

なぜ画像が出ないのか調べる。ロゴのURLを指定して開くことができるか?

http://localhost:3420/dnn484dev.old/Install/logo.gif

としてブラウザで表示するとこうなる。原因は

ストアド プロシージャ ‘dbo.GetHostSettings’ が見つかりませんでした。

※DNNディレクトリ以下に、「ASP.NETコンピュータカウント」と「IUSR_XXXX」ユーザーにフルコントロール権限を付与してある。

DB作成スクリプトも正常に動作する(ちょっと反応が無い時間があるので慌ててボタンを押さない事)。

原因としては、Httpdの実行が「ASPNETユーザー」か「IUSER_XXX」かという違いと、デフォルトの接続文字列あたりに可能性があるような・・・。開発環境はIISで出来ればOKとする。

今回勉強になったのはDeveloers Guide(Part1)のインストールに関しては気にしない方がよいという事。次は引き続きモジュール開発の検証をしてみる予定。

ちなみにGoogleで検索すると結構はまっている人は多い。

#DotNetNuke

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

Visual WebGui販売終了

GrapeCityが販売していたVisual WebGuiが2014年10月22日で販売終了との事。価格は高いが、便利なんだろうなと気になっていた製品だった。 2013年の6月から1年半弱で販売終了となったのに気付いた時は、「買わなくてよかった」と「こんなことあるの?」という感想。 http://www.grapecity.com/tools/support/salesend.htm#end201

C#でのクラスライブラリの設計

C#でクラスライブラリを使用すると複数のプロジェクトで使用できて便利。しかし、どんな単位でクラスライブラリを分割するか悩みながらも下記のように考えていました。 外部コンポーネントの有無 DBの接続先 ODBCの設定要否 .NetframeWorkのバージョン しかしこの方法だと ライブラリ数が増えてしまい、管理が大変 他のライブラリとの依存関係が複雑になる そこで.NetframeWorkのバージ

© 2019 BY マルハチITサービス PROUDLY CREATED WITH Wix.com​