• Kawahara

ActiveReportsにて罫線で囲いたい

ActiveReports2.0という、有償の帳票出力ツールがある。 とても便利なクラスではあるが、罫線で出力した一覧を囲おうとすると件数によって最下行の位置がブレる安易に想像できる。 そこで提供されているサンプルを覗いてみた。

しかし、印刷される位置が合わない。仕方が無いので、すべての値をチェックしてみることに。まず、ページの縦方向のサイズ・・・インチだから2.54倍してcmにして・・・いきなり違う!?

なんと、PageSettings.PaperHeightというプロパティは用紙方向と連動していない!? サンプルは確かにA4縦なのだが、自分の作っている帳票はA4横だった。 とりあえず、rpt.PageSettings.Orientationの値を元に用紙方向に影響されず高さを関数を作る。 ちょっと心配なのはrpt.PageSettings.OrientationにDefaultという値のとき用紙方向はどちらになるかだ・・・

#ASPNET

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

Visual WebGui販売終了

GrapeCityが販売していたVisual WebGuiが2014年10月22日で販売終了との事。価格は高いが、便利なんだろうなと気になっていた製品だった。 2013年の6月から1年半弱で販売終了となったのに気付いた時は、「買わなくてよかった」と「こんなことあるの?」という感想。 http://www.grapecity.com/tools/support/salesend.htm#end201

C#でのクラスライブラリの設計

C#でクラスライブラリを使用すると複数のプロジェクトで使用できて便利。しかし、どんな単位でクラスライブラリを分割するか悩みながらも下記のように考えていました。 外部コンポーネントの有無 DBの接続先 ODBCの設定要否 .NetframeWorkのバージョン しかしこの方法だと ライブラリ数が増えてしまい、管理が大変 他のライブラリとの依存関係が複雑になる そこで.NetframeWorkのバージ

© 2019 BY マルハチITサービス PROUDLY CREATED WITH Wix.com​