• Kawahara

ファイル サーバーのスケーラブルな統合

ファイルサーバーの統合機能をDFSというらしい。今まで機能の存在を知らず使っていなかった。これを正しく運用できれば、段階的なファイルサーバーの移行も可能かも。Windows Server 2003以降に搭載。

http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/techinfo/overview/fileconsol.mspxDFS を利用すると、ユーザーはファイルが複数のサーバー上に物理的に分散されている場合でも、それらがネットワーク上の 1 つのディレクトリに格納されている場合と同様にアクセスして操作できます。必要なデータを格納しているサーバーが不明な場合でも、DFS を利用することで実際の物理的なパスを記憶して指定する必要がなくなります。

ただし、Windows Server 2008へ移行する時に面倒かも。新規で稼働させるならまずActive DirectoryをWindows Server 2008へ移行するべきか。Windows7も控えている事だし。

参考: ドメイン ベースの名前空間を Windows Server 2008 モードに移行する

#ActiveDirectory #DFS

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ファーストサーバのデータ消失について

ガルーンの運用はデータ量の増加が多く、システム担当の負荷が高い。そのため、クラウドサービスやホスティングを利用するべきだという考えを私も持っていましたが・・・ファーストサーバによって、根底から覆されました。詳細は省略。 そもそも冷静に考えれば運営しているサイトが月間何億の利益を上げようが、ホスティング会社には数千円の月額使用料しか収入が無い。今回のようなトラブル発生時に保険金が下りるような対応をし

Disk2VhdでP2V

Disk2Vhdを使用して、物理サーバーを仮想化しようと試してみた。が、「A disk read error occured」との事で起動できず。HDDのイメージバックアップツールのCDから仮想化したサーバーから起動してみるとディスクが正しく認識されていない。 どうも、Disk2Vhdは物理HDD毎にイメージファイルを生成するもよう。物理HDD内に複数のパーティションが割り当てられている場合は同時

© 2019 BY マルハチITサービス PROUDLY CREATED WITH Wix.com​